Galleryはらいそのこと

 


2014年10月にうるま市石川曙の外人住宅街にオープンしたうるま市のクラフトを集めたギャラリー。2013年に発行したうるま市の工藝作家をインタビューして1冊にまとめた「みちくさうるま工藝紀行」で繋がった作家との縁をたよりに、小さなギャラリーをオープンしました。オープン当初は掲載した9名の作家からのスタートでしたが、2018年現在では17名の工藝作家が参加しています。

Galleryはらいそで買えるもの

やちむん

沖縄の言葉で「やちむん」と呼ばれる焼き物。観光地として那覇市壺屋「やちむん通り」や読谷村「やちむんの里」などが有名ですが、うるま市にも魅力的なやちむんをつくる作家がいます。

紅型染め

沖縄を代表する伝統的な染の技巧のひとつである紅型は、その艶やかな色彩と沖縄の自然から切り取られたモチーフが特徴的な染物です。作画、作版、手染めと複雑な工程を経て華やかな琉球独特の美を表現しています。

琉球ガラス

戦時中、コーラやビールの空き瓶を溶かしてふたたび息吹を吹き込むことで始まった琉球ガラス。その伝統的な技法で作られるガラスと、沖縄で作られるガラスを総して「琉球ガラス」と呼びます。素朴な風合いのものから、南国ならではのビビッドな色彩のガラスまで幅広いラインナップが特徴。

琉球藍織物

麻や綿の糸を琉球藍で染め、手機織り機で丁寧に織り上げられるストールや反物。やしらみ織、琉球絣、花織など沖縄の伝統技法を使い、現代のライフスタイルに合わせたモダンなデザインが人気。琉球藍に限らず、フクギ、月桃、インド茜など、植物の持つ自然の色が織りなす世界を生み出しています。

アクセサリー

浜比嘉島で作られる夜光貝や高瀬貝を磨いて作るジュエリーや、とんぼ玉やホタルガラスで作るアクセサリー、そして服飾デザイナーがハギレで作るピアスなど旅の装いに彩りを加えてくれる品々を取り揃えています。

 

店舗情報

Galleryはらいそ
住所/沖縄県うるま市石川曙1−9−24
電話/0989893262
営業時間/11:00-17:00(最終入館16:00)
定休日/水・日曜日
URL/http://haraiso.gallery
通販サイト/https://garlleryharaiso.com